逮捕されたらどうなる?どうする?流れと対応をわかりやすく解説

自分や家族が犯罪の容疑者として逮捕されてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

いざというときのために逮捕後の流れを知り、段階ごとに適切な対応をとれるようにしておきましょう。

ここでは、容疑別の概要と考えられる刑罰、対応方法などをわかりやすく解説しています。

落ち込む男性

性犯罪 逮捕

2020/1/23

合意の上での行為なのに強制わいせつで逮捕!どのように対処すればいい?

女性と性的な行為をしたとき、相手と合意の上で何の抵抗も受けずに行ったはずなのに後日突然、強制わいせつ容疑で逮捕されてしまうことがあります。 このような場合、男性としては女性が「合意はしていない」「無理やりされた」と言えば罪になってしまうのかと腑に落ちないものです。 ただ、逮捕されてしまうと取り調べでいくら「合意の上だった」と言い張っても捜査官に聞き入れてもらえず、重い刑罰を受けてしまうおそれがあります。 この記事では、合意の上だと思っていたのに強制わいせつ容疑で逮捕されるのはどのようなケースかを解説し、逮 ...

スマホを操作する学生

その他トラブル インターネット 逮捕

2020/1/23

ネットを介して未成年者に会うと誘拐罪になる?もし逮捕されたら早急な対応が必要

出会い系サイトやマッチングアプリ、SNSなどで知り合った未成年者を誘拐した犯人が逮捕された事件が報道されることがしばしばあります。 誘拐罪というと悪質な犯行のようなイメージを持たれると思いますが、報道される事件のすべてが言葉巧みに未成年者を誘い出した犯行というわけではありません。 多くのケースではお互いに合意のうえで会っていますし、むしろ未成年者の方から積極的に働きかけたケースも少なくないのです。 同意があるのに、なぜ誘拐罪で逮捕されてしまうのでしょうか? この記事では、どのようなケースで未成年者誘拐罪に ...

不安そうな女性

逮捕

2019/12/25

前科をつけたくない!前科ありになるデメリットと回避するための対処法

「事件を起こしてしまったけれど、前科をつけたくない」 「前科がついたら仕事や学校はどうなってしまうのか」 「前科が残ると家族にも迷惑がかかってしまうのではないか」 このように不安に思っている方も多いのではないでしょうか。 たしかに有罪になると前科がつきます。前科がつくとさまざまなデメリットがあり、社会のなかで生活しにくくなってしまうことも否定できません。 しかし、犯罪を犯したすべての場合に前科がつくわけではありません。たとえ逮捕されても、前科がつくことを回避できる場合もあります。 前科をつけたくないのなら ...

電話と手紙

逮捕

2019/12/25

威力業務妨害ってどんな罪?具体的な事例と逮捕されたときの対処法も解説

威力業務妨害の犯人が逮捕されたというニュースを、ときどき見かけることがあります。 「爆弾を仕掛けた」「人を殺害する」などと電話やメール、ネットで予告したことで犯人が逮捕されたニュースを見たことがあるのではないでしょうか。 ただ、このような目立つケースでなくても、思わぬ行為で威力業務妨害の容疑をかけられる場合もあります。 「注文した商品と違う商品が届いた」「店員の態度が失礼だった」というような場合に、店に文句を言いたくなった経験は誰でも一度はあると思います。実際に文句を言ったという方も少なくないかもしれませ ...

不安そうな女性

逮捕

2019/12/25

逮捕されないか不安!やましいことがある場合の対処法を解説

「悪いことをしてしまい、逮捕されないか不安で仕方ない」 罪を犯してしまった心当たりがある方は、このような不安にさいなまれて、怯えながら日々を過ごしているのではないでしょうか。 凶悪な人間だけでなく、誰もがちょっとした不注意で、ときには不可抗力によって法に触れる行いに至ってしまうことがあります。 そんなとき、警察はどんな基準で動くのか、逮捕される前に事前連絡や前兆はあるのか、逮捕されずにすむ方法はあるのか、といったことは非常に気になることだと思います。 また、逮捕されることが避けられそうにない場合は、逮捕後 ...

スマホと男女

インターネット 詐欺

2019/8/21

マッチングアプリでの詐欺被害!泣き寝入りしないための知識

近年、マッチングアプリをめぐる詐欺や脅迫などの被害が増え続けています。 もともと大学生など若者が利用者の中心でしたが、電話番号認証をはじめ簡単な本人確認の仕組みが整うにつれて、さまざまな年齢層の人が利用するようになり、いわゆる出会い系サイトの発展系として徐々に市民権を得るようになってきました。 しかし、利用者の広がりと並行してトラブルも増えるようになり、詐欺や美人局(つつもたせ)のような犯罪も目立つようになってきています。 日頃こういったアプリを使わない人にとっては「自分には関係ない」と思われるかもしれま ...

暗い住宅街

保釈 逮捕

2019/7/23

執行猶予中の再犯はどうなるか?実刑の可能性や保釈について

窃盗や暴行などで逮捕された場合、そのほとんどが警察の取調べの後、検察に身柄を送致されて起訴・不起訴が決まることになります。 そして起訴されると裁判となり、そこで有罪となると刑務所での服役を含めた相応の刑罰が科されるのは刑事事件の常識といえるでしょう。 ただし、殺人のような重大な犯罪でなければ、その多くが刑務所に行く代わりに執行猶予がつくことになります。執行猶予がつけば一定期間は刑罰が執行されず、その期間何事もなければ服役を免れることができます。 このあたりは多くの人が知っていると思いますが、それでは執行猶 ...

交通事故

交通事故

2019/7/23

交通事故の被害にあったら?弁護士に相談するメリットと費用

身近に起こる事件・事故のなかで、もっとも遭遇する可能性が高いのは交通事故でしょう。 当然、一生のうちに一度も事故に遭わずに済む人も多いですが、特に日常的に車を運転する人ならば、常に事故の危険性があることは覚えておく必要があります。相手のあることですから、いつ、どんなタイミングで事故に巻き込まれてしまうかわかりません。 万が一のために、被害に遭ってしまった場合の適切な対応について知っておくことが重要です。 そこで本記事では、交通事故の被害に遭った場合にすべき対応と、早急に弁護士に依頼することによるメリットに ...

車と免許証

逮捕

2019/7/23

無免許運転で逮捕されたら?罰則や欠格期間などについて解説

今月(2019年7月)7日、千葉県柏市にある小学校の教頭が無免許で軽乗用車を運転したとして逮捕されました(※1)。 また、18日には、静岡県富士市の高速道路で乗用車を無免許で運転したとして2月に逮捕された男の初公判があり、懲役6か月、執行猶予3年の判決が神戸地裁で言い渡されています(※2)。 このように、日本では毎年のように無免許運転で逮捕される人がおり、場合によっては事故を起こして他者を巻き込んでしまうケースも少なくありません。 無免許運転については2013年の道路交通法の改正に伴って罰則が強化されたば ...

ハラスメント 傷害

2019/5/10

夫のDVに悩んでいるなら…弁護士の協力のもとすぐに対応を

埼玉県ではDV(家庭内暴力)の件数が認知されているだけでも、平成16年の約5000件から平成26年には1万件以上となっており、10年で約2倍に増えていることがわかっています。 DV被害の報告は年々増加し続けており、それが原因で離婚に至る過程も決して少なくありません。 平成から令和に時代が移りましたが、残念ながらこの増加傾向は今後も続いていくでしょう。 もし貴女が夫からDVを受けてしまったら、あるいはすでに日常的に暴力を受けており、それを我慢している状態なら、すぐに弁護士に相談しましょう。 全国的にはDVに ...

Copyright© 弁護士法人S&Nパートナーズ法律会計事務所 , 2020 All Rights Reserved.