Etoile

割れたコップ

その他トラブル インターネット

2021/8/27

メルカリの商品が破損していたら、どう対処するべき?

いまや、子どもから年配の方までみんなが知っているメルカリ。 家の中の不用品を売っておこづかいを稼いだり、もう売っていないと思っていた希少品が手に入ったり、メルカリは誰でも手軽に参加できるフリマアプリです。 しかし誰でも参加できるから、中には悪意の人もいるわけです。 画像はきれいだったのに、届いた商品が破損していた! しっかり梱包したのに、購入者から「破損していた」とクレームが来た! こんなとき、つい「わざとかもしれない」と相手を疑ってしまいがちですが、誠意を持って対応しましょう。できるだけのことをやっても ...

FAKEイメージ

その他トラブル インターネット

2021/8/27

メルカリで「偽物ですよね?」と言われた!クレームへの対処法は

ほとんど使っていないブランド物のバッグなどは、業者に下取りしてもらうよりメルカリで欲しい人に売ったほうがお得!そんな話をよく聞きます。 質屋では価格を決めるのは業者側で、細かいキズや劣化を指摘されて買いたたかれてしまいます。その点メルカリでは価格を決めるのは自分です。キズや劣化部分もきちんと告知してそれでも良いと思う人に買ってもらえれば問題ありません。さらに購入対象者はサイトを閲覧する不特定多数の人々なので、成約率も高くなります。 しかし、不特定多数の人々を相手にしていると、中には悪意のユーザーもいます。 ...

フリマアプリ

その他トラブル インターネット

2021/8/27

「転売」は違法?メルカリで転売するにはどこまでが合法かを解説

基本的に、購入した商品を転売するのは本人の自由で、違法ではありません。 そもそもフリマアプリやネットオークションは、購入したけれど使わなくなった、サイズが合わないなど、不用品の有効活用の場として誕生しました。 ではなぜ、転売が問題になっているのでしょうか。 悪質な転売や転売ヤーから消費者や販売元をまもるためです。 悪質な転売とは 品薄商品や限定商品を買い占めて高額転売する 偽物や粗悪品を本物として売る 盗品を売る このような悪質な転売が横行すると、消費者は正当な価格で購入することができなくなるし、販売元は ...

箱とカッターナイフ

インターネット

2021/8/13

通販で購入したら写真とぜんぜん違うモノが!返品・解約方法は?

簡単・便利なネットショッピングですが、配達された商品を見て「思っていたのと違う」「写真と違う」と思ったことはありませんか? 返品できるの? カード払いなんだけど大丈夫? このような不安にお答えします。 さらに、「モンスター返品者」と言われないように注意点を説明します。 通販のクーリングオフを活用しよう 商品が到着してから8日以内なら返品して解約できます。その場合、商品に欠陥があるとか、洋服のサイズが合わないなどの返品理由がなくても返品できます。 クーリングオフは訪問販売の用語ですが、通販でも同じように利用 ...

スマホを触る男性

インターネット 新型コロナウイルス

2021/8/2

デマ拡散は犯罪?損害賠償は請求できるのか

2020年初頭から新型コロナウィルスの影響で家にこもる生活が続いたこともあり、ネット上の誹謗中傷事件が相次ぎました。 また、感染者の職場や名前をネット上にさらしたり、トイレットペーパーやティッシュがなくなるというデマが拡散されたこともありました。 大もとの書き込みはもちろん、リツイートなどで拡散する行為は犯罪にならないのでしょうか。デマと知らずにリツイートしてしまったというのはよくあることです。 ここでは、「デマ拡散してしまった」ときの対処と「デマ拡散で被害を受けている」ときの対処を説明します。 デマ拡散 ...

スマホを観る人

その他トラブル インターネット

2021/8/13

ファスト映画は何罪?見るのも違法?

映画を10分程度であらすじから結末まで明らかにしてしまう、「ファスト映画」というものが動画サイトで視聴回数を急激に伸ばしています。 これ以上増えては収拾がつかなくなると考えた「コンテンツ海外流通促進機構」CODAがユーチューブ本社のある米国の裁判所に情報開示を求め、投稿者を特定。2021年6月23日宮城県警が「ファスト映画」による著作権侵害の容疑で投稿者3名を逮捕しました。 ここでは、「ファスト映画」がなぜ違法なのか、また、違法動画を投稿してしまったかもしれないときにどうしたらよいのかをみていきたいと思い ...

注射器を持つ手

ハラスメント 新型コロナウイルス

2021/6/25

ワクチン接種は拒否できる?~コロナワクチン拒否でパワハラ~

2021年2月から65歳以上高齢者と医療従事者等で、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりました。 このワクチン、感染拡大防止のためにはどうしても必要なものですが、一方で非常に短期間で開発された新ワクチンです。 コロナに対してどのくらい効果があるのか、副反応は大丈夫なのか。できたら接種したくないんだけど…と不安に思う人も多いはず。 新型コロナワクチンの接種は拒否できるのでしょうか? 新型コロナワクチンの接種は拒否できる 結論は、「拒否できる」です。 予防接種法の第9条にもとづき、新型コロナウイルスのワク ...

注射器と瓶

新型コロナウイルス

2021/6/25

ワクチンが信頼されない理由~日本のワクチン&ワクチン訴訟史~

新型コロナウイルスのパンデミックによって世界中に新型コロナウイルスが蔓延している状況で、コロナワクチンに対する日本人の反応はいまひとつのようです。 少なくとも1回目の接種を終えた人の割合はイギリスでは60%、アメリカでも50%を越えています。 なぜ日本ではワクチン接種がすすまないのでしょうか。 一つには、過去のワクチン問題でワクチンへの根強い不信感が生まれたこと、それによって行政側が弱気になってしまったことが挙げられます。 では日本の過去のワクチン問題とはどのようなことでしょうか。 相次ぐ集団訴訟で敗訴・ ...

マスクをしている女性

新型コロナウイルス

2021/6/25

コロナをうつされた!損害賠償請求はできる?

感染対策にはしっかり注意していたのに、新型コロナウイルスをうつされてしまった。 うつした人に損害を賠償してもらいたい。 今の時代、そう思う人は多いに違いありません。 しかし、病気をうつされたからといって誰かに損害賠償を請求できるのでしょうか。 結論からいうと、損害賠償請求はできません。 裁判での争点は主に以下の3つです。 感染経路の特定 加害者の故意または過失の立証 因果関係の立証 逆に言えば、上の3項目が明らかな場合は損害賠償請求できる可能性があるということになります。 コロナをうつされた裁判で争点にな ...

教室

少年犯罪

2021/6/11

「いじめ」で子どもが酷い被害を受けている!裁判にできる?

人が集まるところでは「いじめ」の被害が後を絶ちません。学校だけではなく自治会、趣味の集まりなど大人の間でもいじめはあります。 特に学校でのいじめは、成長過程にある青少年の心に深い傷を残し、後遺症で一生働けなくなったり、最悪自殺にいたることもあります。 いじめから子どもを守るためには、加害者が反省するように学校に指導してもらうなどが考えられます。 しかし、次のような場合は訴訟をおこしたほうが効果的です。 学校側がまったく対応してくれない 加害者がいじめを認めない すでに重大な被害が出てしまった ここでは、い ...

© 2021 弁護士法人S&Nパートナーズ法律会計事務所