ハラスメントは違法?深刻化する前に弁護士に相談を

ハラスメントとは、直訳すれば嫌がらせのことです。

セクハラ(性的嫌がらせ)を筆頭に、最近ではモラハラ(侮辱や暴言)、パワハラ(上司などによる圧力)、マタハラ(妊婦への嫌がらせ)、パタハラ(男性育児に対する嫌がらせ)など、多種多様なハラスメントが問題視されています。

多くのケースで加害者は被害者よりも上の立場にあり、孤立状態に陥りやすい構造になっています。

もしハラスメントに遭っていたら、精神的に追い詰められてしまう前に弁護士に相談しましょう。

ここではハラスメントの違法性弁護士ができることを解説します。

公園とベビーカー

ハラスメント

2019/7/23

育児休暇で解雇!会社で不当な扱いを受けたときの対応を解説

近年、政府による「働き方改革」など女性の社会進出を後押しする政策の影響もあり、職場で育児休暇を取得できる企業が増えてきました。 しかし、企業のなかには育児休暇の取得自体を社内ルールで禁じているところもあり、また、表立って禁止してはいないものの、育児休暇の申請を上司が拒否するケースも少なくないのが実態です。 あるいは、最終的に育児休暇が認められたとしても、職場に戻ったときに居場所がなくなっていたり、いわゆる閑職に追いやられて苦しい思いをしてしまう人もいます。 もし、あなたが育児休暇を理由に会社から納得のいか ...

セクハラ 職場

ハラスメント

2019/6/12

職場でセクハラ被害!弁護士に相談する前に知るべき基礎知識

職場や取引先との面談の場で、突然肩や腰などを触られたり、しつこくデートの誘いを受けたりといったセクハラ行為に悩まされる女性が後を絶ちません。とても嫌な気分になりながらも、社員という立場上、はっきりと拒絶することもできずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか? また、最近では女性だけでなく男性もセクハラ被害を受けるケースが増えており、性別を問わず、セクハラが大きな社会問題となっています。 そして、被害を訴えることで問題が解決すればまだよいのですが、セクハラを訴えたら解雇されたり、不本意な異動をさせられた、 ...

ハラスメント 傷害

2019/5/10

夫のDVに悩んでいるなら…弁護士の協力のもとすぐに対応を

埼玉県ではDV(家庭内暴力)の件数が認知されているだけでも、平成16年の約5000件から平成26年には1万件以上となっており、10年で約2倍に増えていることがわかっています。 DV被害の報告は年々増加し続けており、それが原因で離婚に至る過程も決して少なくありません。 平成から令和に時代が移りましたが、残念ながらこの増加傾向は今後も続いていくでしょう。 もし貴女が夫からDVを受けてしまったら、あるいはすでに日常的に暴力を受けており、それを我慢している状態なら、すぐに弁護士に相談しましょう。 全国的にはDVに ...

Copyright© 弁護士法人S&Nパートナーズ法律会計事務所 , 2019 All Rights Reserved.