まずはお気軽にご相談ください

新着記事

注射器を持つ手

ハラスメント 新型コロナウイルス

2021/6/25

ワクチン接種は拒否できる?~コロナワクチン拒否でパワハラ~

2021年2月から65歳以上高齢者と医療従事者等で、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりました。 このワクチン、感染拡大防止のためにはどうしても必要なものですが、一方で非常に短期間で開発された新ワクチンです。 コロナに対してどのくらい効果があるのか、副反応は大丈夫なのか。できたら接種したくないんだけど…と不安に思う人も多いはず。 新型コロナワクチンの接種は拒否できるのでしょうか? 新型コロナワクチンの接種は拒否できる 結論は、「拒否できる」です。 予防接種法の第9条にもとづき、新型コロナウイルスのワク ...

続きを読む

注射器と瓶

新型コロナウイルス

2021/6/25

ワクチンが信頼されない理由~日本のワクチン&ワクチン訴訟史~

新型コロナウイルスのパンデミックによって世界中に新型コロナウイルスが蔓延している状況で、コロナワクチンに対する日本人の反応はいまひとつのようです。 少なくとも1回目の接種を終えた人の割合はイギリスでは60%、アメリカでも50%を越えています。 なぜ日本ではワクチン接種がすすまないのでしょうか。 一つには、過去のワクチン問題でワクチンへの根強い不信感が生まれたこと、それによって行政側が弱気になってしまったことが挙げられます。 では日本の過去のワクチン問題とはどのようなことでしょうか。 相次ぐ集団訴訟で敗訴・ ...

続きを読む

マスクをしている女性

新型コロナウイルス

2021/6/25

コロナをうつされた!損害賠償請求はできる?

感染対策にはしっかり注意していたのに、新型コロナウイルスをうつされてしまった。 うつした人に損害を賠償してもらいたい。 今の時代、そう思う人は多いに違いありません。 しかし、病気をうつされたからといって誰かに損害賠償を請求できるのでしょうか。 結論からいうと、損害賠償請求はできません。 裁判での争点は主に以下の3つです。 感染経路の特定 加害者の故意または過失の立証 因果関係の立証 逆に言えば、上の3項目が明らかな場合は損害賠償請求できる可能性があるということになります。 コロナをうつされた裁判で争点にな ...

続きを読む

教室

少年犯罪

2021/6/11

「いじめ」で子どもが酷い被害を受けている!裁判にできる?

人が集まるところでは「いじめ」の被害が後を絶ちません。学校だけではなく自治会、趣味の集まりなど大人の間でもいじめはあります。 特に学校でのいじめは、成長過程にある青少年の心に深い傷を残し、後遺症で一生働けなくなったり、最悪自殺にいたることもあります。 いじめから子どもを守るためには、加害者が反省するように学校に指導してもらうなどが考えられます。 しかし、次のような場合は訴訟をおこしたほうが効果的です。 学校側がまったく対応してくれない 加害者がいじめを認めない すでに重大な被害が出てしまった ここでは、い ...

続きを読む

手をつなぐ夫婦

ハラスメント 離婚

2021/5/28

モラハラ夫との離婚は難しい?慰謝料・親権も獲得できる?

モラハラ(モラルハラスメント)とは精神的な暴力でDV(ドメスティックバイオレンス)の一種です。 言葉や態度によって相手に精神的な痛みを与えます。 モラハラ夫と離婚したいのだけれど、離婚話を切り出す勇気がない。子どものこともあるし、慰謝料がとれるのかどうかも不安だ。 そう思っている女性のために、モラハラ離婚について解説します。 モラハラ離婚を切り出す前に 結論からいうと、モラハラ離婚ではほとんどのケースで母親が親権を獲得できますし、慰謝料も請求できます。 しかし、モラハラ夫との離婚を成立させるためには、事前 ...

続きを読む

カテゴリー一覧

門倉弁護士バナー

サイトマップ

© 2021 弁護士法人S&Nパートナーズ法律会計事務所