まずはお気軽にご相談ください

絞り込み検索

新着記事

はさみでリボンを切る

日常生活のトラブル

2022/11/2

毒親と絶縁・親子の縁を切るための手続きとは

「毒親と絶縁したい」「親子の縁を切ってこれ以上かかわりあいたくない」という方はいませんか。 子どもに対して暴言を吐く、暴力を振るう、過度に干渉したり、逆に全く世話をせず放置するといった、子どもにとって毒ともいえる言動をする親のことを、一般的に毒親と言います。 毒親の暴力や過干渉は、子どもが小さい間だけでなく、成人してからも続くことは少なくありません。 大人になっても生活を監視してくる、お金を無心してくる、世話を見ることを強要するなど、ご自分の生活が脅かされるような状況に追い込まれ、親子の縁を絶縁したいと思 ...

続きを読む

遠くを見ている女性

日常生活のトラブル

2022/11/2

毒親の扶養義務を拒否できる場合・放棄しても罰則を受けないケースを解説

暴力、暴言、過度な干渉、過保護、または放置、ネグレクトなど、子どもにとって毒ともいえる対応をとる親のことを「毒親」といいます。 子どものころに、毒親に辛い目にあわされてきた方、大人になってもお金の無心や過干渉などで毒親との関係が続いている方の中には、「親の扶養義務を拒否したい」「毒親の介護はしたくない」という方は少なくありません。 また、毒親からやっと離れたものの、日々の生活で手いっぱいで、親の面倒をみる余裕はないという方もいます。 一方で、日本の法律では、家族間で経済的に相互に援助しあうべきという「扶養 ...

続きを読む

部屋で落ち込む女性

日常生活のトラブル

2022/11/2

毒親に悩んでいる方へ、警察・弁護士など法的措置の取り方を解説

「毒親」という言葉を耳にした方は多いのではないでしょうか。 自分自身が、「毒親で悩んでいる」「毒親を訴えたい」といった悩みを持っている方もいるかもしれません。 「毒親」とは、アメリカの精神医学者であるスーザン・フォワード氏が提唱した概念です。 明確な定義があるわけではありませんが、一般的に、暴言・暴力・過干渉などで子どもを支配しようとしたり、反対に、自分のことを優先して保護が必要な子どもを放置するなど、子どもにとって毒になるような悪影響を及ぼす親のことを指します。 毒親は、子どもが小さいときだけでなく、成 ...

続きを読む

メガネとエンディングノート

相続・贈与

2022/10/20

死後事務の範囲まとめ!死亡からの流れはこうなる

人が亡くなると、多くの手続きが発生します。 葬儀を行い、火葬して埋葬し、年金の受給資格の喪失届を提出し、遺品を処理し、家を借りていた場合は綺麗にして返さなければいけません。 このような、相続以外で死後に発生する諸手続きのことを「死後の事務」といい、死後の事務を生前に第三者にまかせる契約のことを「死後事務委任契約」といいます。 こうした対策をしないままに亡くなってしまうと、入るべきお墓があるのに無縁仏になってしまったり、財産を残したい身内がいるのに国庫に納められてしまったり、関係者に迷惑がかかることにもなり ...

続きを読む

白いユリの花

相続・贈与

2022/10/20

死後事務委任でよくある5つのトラブル事例と対応方法を解説

「おひとりさまなので、死後の手続きが心配」「自分の死後、家族に負担をかけたくない」といったお悩みは年々増え、生きているうちに、自分の死亡後に必要な手続きを第三者に任せる方が増えています。 このように、依頼する人(委任者)と、引き受けた人(受任者)の間で、相続以外の死後の諸手続きを任せる契約のことを「死後事務委任契約」といいます。 人が亡くなると、死亡届の提出から、火葬・埋葬、税金や借家の明渡しなど、さまざまな手続きが生じます。 それだけに、死後事務委任契約であらかじめ何をどうしてほしいか決めて、信頼できる ...

続きを読む

カテゴリー一覧

門倉弁護士バナー

サイトマップ