まずはお気軽にご相談ください

新着記事

隠れている人

逮捕

2020/7/2

罪を犯してしまったら自首すべきか?迷ったときは弁護士に相談を

何らかの罪を犯してしまったとき、警察に自首をすれば刑が軽くなるというイメージをお持ちの方は多いことでしょう。 ただ、その罪がまだ警察や検察に発覚していない段階で自首をすることには、勇気が必要なものです。 黙っておけばこのまま罪が発覚せずにすむのではないかという気持ちも、理解できないものではありません。 そのため、罪を犯してしまったものの、自首すべきかどうかで悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、そんな悩みを持ったときにどのように考えればよいのかについて解説していきます。 そもそも ...

続きを読む

万年筆と紙

相続・贈与

2020/8/14

自筆証書遺言の書き方とは?注意すべき点や弁護士に依頼する方法もご紹介

自分が亡くなった後のこととはいえ、遺産の相続をめぐって家族が争うのは避けたいところです。 このような相続トラブルを防止するために最も有効なのが遺言書を残しておくことです。 遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。 これらの中で自筆証書遺言は最も手軽に作成できて費用もかからないため、利用しやすいものです。 しかし、自筆証書遺言の書き方には一定のルールがあり、不備があると無効になってしまうというデメリットもあります。 また、記載した内容が曖昧であったり不公平であったりする ...

続きを読む

手を握る

相続・贈与

2020/7/2

相続人なのに遺産が貰えない!そんなときにも遺産を確保できる遺留分とは

遺産分割は公平に行うのが原則です。しかし、実際には父親が亡くなった場合、長男や母親が遺産を独り占めして他の相続人は遺産を貰えないということがよくあります。 また、遺言書で遺産の分割方法が指定されているために、遺産を貰えない相続人が出てくることも珍しくありません。 ただ、このような場合でもあきらめる必要はありません。一定の相続人には「遺留分」が保障されているので、最低限の遺産はもらうことができます。 この記事では、遺留分とは何かについてご説明し、遺留分を主張して遺産を貰う方法もご紹介します。 遺言書があると ...

続きを読む

踊る女性

その他トラブル 金銭トラブル

2020/7/2

借金をゼロにする方法とは?自己破産のメリットとデメリットを弁護士が解説

借金の返済が難しくなったときは、債務整理をすることで返済の負担を減らすことができます。 債務整理にはいくつかの方法がありますが、自己破産をすれば多額の借金もゼロにすることが可能です。 ただ、自己破産には悪いイメージがあるためか、自己破産すべき状況に陥っている方でも多額の借金を抱えたまま苦しんでいるケースが多いように見受けられます。 この記事では、自己破産手続きの概要とメリット・デメリットをご紹介し、自己破産できない場合に借金をゼロにする方法についてもご説明します。 借金の返済に苦しんでいる方のご参考になれ ...

続きを読む

吊られた家

その他トラブル 金銭トラブル

2020/7/2

マイホームを手放したくない!住宅ローンを払いながら借金を整理できる個人再生とは?

返済しきれないほどの借金を抱えてしまったときは、債務整理をすることによって解決することができます。 ただ、債務整理をすると財産を処分しなければならないと考えて躊躇している方も多いことと思います。 たしかに、自己破産をすると生活に必要な最低限の財産を除いて処分する必要があります。しかし、個人再生なら基本的に財産を処分する必要はありません。 それどころか、住宅ローンを払いながら他の債務を整理してマイホームを残すことも個人再生なら可能になります。 この記事では、手放したくない財産があるものの多額の借金を整理する ...

続きを読む

カテゴリー一覧

門倉弁護士バナー

サイトマップ

© 2020 弁護士法人S&Nパートナーズ法律会計事務所