ykの記事

川越で傷害事件を起こしてしまったら

傷害 逮捕

2018/10/22

川越で傷害事件!家族が逮捕されてしまったらどうする?

子供が喧嘩をして相手に怪我を負わせてしまった。あるいは夫が酔っ払って相手を殴ってしまった…。 できればこういった事態は避けたいものですが、家族がトラブルに巻き込まれた結果、警察から連絡が来ることがあるかもしれません。 これらは一般的に傷害事件となり、場合によっては相手を死なせてしまい傷害致死となってしまう可能性もあります。 もし大切な家族がそんな事件で警察に逮捕されてしまったら…。考えたくもないことですが、万が一のケースは誰にでも起こりえます。 そんなとき、重要なのは対応がわからず時間を浪費してしまうこと ...

川越で痴漢で逮捕されたときの対処法

痴漢 逮捕

2018/10/22

もし川越で痴漢で逮捕されたら?素早い行動が解決のカギ!

近年、主に電車内での痴漢行為が様々な点から問題となっています。 埼玉県でも一向に数が減らない迷惑防止条例違反(そのほとんどが痴漢行為)や、行為を行っていないにもかかわらず、痴漢行為の疑いをかけられる冤罪事件も増えています。 混雑した電車で日々通勤している男性の方はもちろん、その配偶者(妻)の方にとっても、そういった事件には絶対に巻き込まれたくないでしょう。 当然ながら、自ら痴漢行為をしてしまったのであれば、逮捕されて罪を償わなければいけません。 しかし、場合によっては女性側の虚偽の証言によって逮捕され、刑 ...

薬物 逮捕

2018/10/22

川越で覚せい剤で逮捕?薬物事件に巻き込まれたときの対応

厚生労働省によると、全国で覚せい剤の所持で検挙される人数は毎年1万5000件~1万7000件ほどもあり、埼玉県でも600件以上の覚せい剤取締送致件数があります。 これは全国平均を大きく上回る数で、日本全体でみてもかなり多い方です。川越市もその例外ではありません。 特に中学生や高校生が薬物事件で逮捕されてしまうケースも多く、年頃の子供をもつ親としては、そういった事件には絶対巻き込まれないで欲しいと思っているはずです。 それでも、万が一自分の肉親が覚せい剤で逮捕されてしまったら…。毎年一定数の検挙者がいるなか ...

万引きで捕まってしまったら

窃盗 逮捕

2018/10/19

家族が万引きで逮捕!川越警察署に連行された場合の対応は?

もし、自分の大切な家族が万引きで警察に捕まってしまったら…。 誰もがそんなことはあり得ないと思っていますが、全国では認知されているだけで毎年平均で12~15万件程度の万引き事件が発生しています。 そして実際の件数や万引き未遂はもっと多く、そのほとんどがちょっとしたきっかけで「魔が差して」万引きをしてしまっているのが現状なのです。 そんななか、あなたの家族が何かのきっかけで万引きで捕まってしまったらどうすべきでしょうか? 川越市でも今年の1月から9月の間に約268件の万引きが発生しています。他人事と思わずに ...

保釈

2018/10/19

川越で逮捕~起訴されたら?必要な対応と保釈請求について

川越で逮捕されて警察署に連行されてしまった…。誰しもそんな事態には陥りたくないものです。 しかし過失で重大な交通事故を起こしてしまったり、ついかっとなって相手に怪我をさせてしまったりなど、予想もしなかった事件を自ら引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。 あるいは、大切な家族が事件を起こしてしまい、川越警察署から連絡が来るという可能性もあります。 そんなとき、自分や家族の状況を不利にしないために、逮捕後のプロセスや被疑者の権利について知っておき、必要に応じて弁護士による保釈請求などの対応をとる必要が ...

逮捕

2018/10/16

大切な人が川越で逮捕!すぐ弁護士に連絡をとるメリットとは

ある日、突然警察から連絡が来て「貴方の息子さんが人を殴って怪我をさせてしまったので、こちらでお預かりしています」と言われたら、あなたはどうしますか? 親近者が傷害などの犯罪で警察に身柄を拘束されてしまった…。 誰しもそんな経験はしたくはないものですが、万が一ということは誰にでも起こりえるものです。 犯罪行為をしたら罪を償わなければいけませんが、昨今問題となっている痴漢冤罪などで不当に拘束されてしまう可能性もあります。 そんなとき、対応がわからずに右往左往していると前科がついて刑務所に…なんて話になれば、本 ...

Copyright© 弁護士法人S&Nパートナーズ法律会計事務所 , 2019 All Rights Reserved.